浮気、不倫、不貞行為

浮気、不倫、不貞行為

お問い合わせはこちら

 

浮気・不倫・不貞行為の調査とはどのようなものか

浮気・不倫・不貞行為は、いつの時代も人ひとりの人生を大きく変えてしまう、探偵業・何でも屋の中でも多い相談内容になります。

彼女、彼氏に始まり、
旦那、妻の不倫という家庭に大きな影響を及ぼすことが多くなっております。
旦那や妻に関わらず、彼氏、彼女の関係であっても、訴訟問題になり、充分慰謝料請求の対象となっておりますので、

調査がとても重要になってきます。

相談員、調査員の中にも男女問わず経験した者がいます。
調査以外でも経験しているからこそ、
状況判断を誤らず遂行することができるものでもあります。

では、タイトルに挙げたような、「パートナーをはじめとする対象者の不純異性行為とみなされることに関する調査」はどのようなパターンがあるでしょうか?

お問い合わせはこちらから

 

1.パートナーにされたから確認したい(されている・されているかも)

当然ながらこちらが一番の、そしてすべての始まりとなります。
多くのお客様が「浮気・不倫をされている可能性が非常に高い・確定している」といった状況でご相談されます。

・スマホを見たら、知らない異性と親密に連絡を取っていた
「仕事で忙しい」と言っていた日に別の場所で見かけたと友人から言われた
・構ってもらえない
・携帯を隠すようなしぐさが多くなった。突然ロックをかけはじめた

怪しいな、と思ったら、一度ご相談ください。
過去の事例と併せ、現状の確認や今後の方針を知ることも、対策の一つです。

 

2.証拠を取りたい

次に流れるのが、探偵・何でも屋にお願いして
「浮気・不倫の証拠を取りたい」という内容です。
ご夫婦に限らず、「突きつけるなら証拠を得てから」の方がごまかされることもなくしっかりと話が進みます。
そのために、尾行・張り込み等の調査を開始します。

また、ご存知の方も多いかと思いますが、裁判沙汰になり訴訟等で慰謝料を請求する際、
証拠は必ず必要です。
さらには証拠にも取り方、必要な条件等があります。
写真1枚サラっと撮れればいいわけではありません。

下手に感情で突き詰めてしまったり、自分で無理に証拠を押さえようとして自分が加害者扱いされた

ということも珍しくないケースです。

自分が被害者なのに、ふたを開けてみたら自分が調停で責められている。なんていうことはしょっちゅう聞きます。
そうならないうちに、まずは相談だけでもしてみることをオススメ致します。

3.友人に相談された。友人のために調査したい

こちらも相談件数は多いです。
パートナーを信じて疑わない友人のために、写真等証拠を以て考え直してもらう。
それによって家庭事情が近隣含め大きく変わってくる状況である。といった複雑なケースが多いです。

 

お問い合わせはこちら

 

調査方法

肝心の調査方法ですが、私たちはお客様の状況に合った方法を提案させていただきます。
尾行・張り込みが全てではありません。
「この日が休みでなにか隠してるから、間違いなく浮気・不倫だ」
と決めつけることもできません。
あくまでも相手はバレないように行動しています。疑われていることも感じ取ります。
相手を出し抜けるよう、しっかりと相談を進めてから開始いたします。

調査方法のうち、張り込み・尾行が一番多いことはもちろんですが、その他にも多く方法はございます。

また、張り込み・尾行は、

・時間がかかる
・人手がいる

つまり安易にそのやり方と決めてしまうと、料金が多大にかかる可能性が高くなります。
他にできる方法があるのに、それを考えずに多額になることは良いとは言えません。
安心して、なるべく低予算になるような方法を、
相談のうえ決めていくことも我々の役目であると考えます。

調査事例、相談事例もいただいております。

口コミはこちらから

お問い合わせはこちら